法人向けオンラインストレージで注意することは?

オンラインストレージは様々なサービスがあり、中には無料で利用できるものもあります。 今回は会社でオンラインストレージを導入する場合に押さえるべきポイントをチェックしたいと思います。

セキュリティ

オンラインストレージを利用するということは、外部にデータを保存することを意味します。重要なデータを預けることになるため、サーバーの信頼性や十分なセキュリティ対策が施されているか、といった観点で事前に十分なチェックが必要です。
無料のサービスではその様な対策が不十分な場合もありますので、価格だけに目を向けず安心かつ安全なサービスであるかどうかを見極めましょう。

費用

多くのサービスはデータの保存容量や利用人数によって価格が決定されます。データ容量をはどれだけ使うのか、何人で使うのかを事前に整理をしてから、サービスの価格を確認しましょう。

機能

自分たちがオンラインストレージを導入する目的を明確にし、目的に見合った機能があるか確認しましょう。法人として利用するので、社内・社外との共有機能やファイルの利用ログ確認機能などがあるかは確認した方がよいでしょう。

BizTr@nkのご紹介

電算システムではBizTr@nk(ビズトランク)というオンラインストレージサービスを提供しています。万全の災害対策を施した当社のデータセンターにてサービスを提供しており、安全なサービス基盤で運営されています。また、SSLによる暗号化通信や監査ログなどのセキュリティ機能を兼ね備えており安心・安全なサービスです。社内だけでなく社外とのデータ共有もでき、使い勝手にも優れています。
最安で月額1,000円から利用でき、無料でお試しいただくことも可能です。
オンラインストレージの導入を検討されている方は、是非お問い合わせください。