インターネットが遅い原因はLANケーブルに?
カテゴリを理解して快適なインターネット環境を手に入れましょう。

この頃インターネットで調べものをしていて、webページが標示されるまでに時間がかかっていたり、業務システムを使っていても動作がおもい等、インターネットの回線速度が遅いと感じることはございませんでしょうか。

実はLANケーブルにはカテゴリや種類があり、適切なものに交換するだけで回線速度が改善されることがあります。
本記事では、LANケーブルのカテゴリをご紹介し、快適にインターネットができるカテゴリをご紹介いたします。

インターネットが遅い原因はLANケーブル?

最近のインターネット回線サービスは高速化の傾向があり、NURO光や、フレッツ光クロス等の最大10Gbpsの回線を、オフィスやご家庭で導入されたという方がいらっしゃるのではないでしょうか。

回線速度が高速で快適なインターネット生活を送るために、1点注意していただきたいことがございます。それはLANケーブルの見直しです。

LANケーブルにはカテゴリと呼ばれる種類があり、回線速度に適したカテゴリのLANケーブルを使用しないと、100%回線速度を引き出すことはできません。

カテゴリの見分け方

カテゴリの見分け方はとても簡単でどなたでも可能です。以下の写真のようにLANケーブルの線の部分に 「CAT5e」 と記載されております。この文字列がカテゴリを表しております。

用途別カテゴリー一覧表

CAT8
カテゴリー8
CAT7
カテゴリー7
CAT6A
カテゴリー6A
CAT6
カテゴリー6
CAT5e
カテゴリー5e
CAT5
カテゴリー5
通信速度 40Gbps 10Gbps 10Gbps 1Gbps 1Gbps 100Mbps
伝送帯域 2000MHz 600MHz 500MHz 250MHz 100MHz 100MHz
対ノイズ性能 × × ×
使用場所 データセンター データセンター
工場
企業(広めのオフィスや会議室)
一般家庭
企業
一般家庭
企業
一般家庭
一般家庭
特徴 ノイズ性能が高く通信速度も高速なため、データセンター等の業務利用として最適。 CAT8と比較して通信速度は若干劣るが、こちらもデータセンターやノイズの影響を受けたくない工場での利用に最適。 通信速度、伝送帯域、対ノイズ性能が十分なスペックで、価格も比較的低価格で買えるため、企業での利用におすすめ。 インターネットを快適に利用したい方に最適。パソコン、プリンター、NAS等ネットワーク機器の標準利用に適している。 インターネット利用に適している一般的なLANケーブル。コストパフォーマンスに優れている。 通信速度が100Mbpsなので、企業利用では若干インターネットが遅く感じる場合がある。

写真のCAT5eのLANケーブルですと1Gbpsの通信速度に対応しておりますが、10Gbpsには対応しておりません。10Gbpsの回線を利用する場合は、CAT6A以上のLANケーブルが適しております。

逆に、通信速度が100Mbpsの回線に、CAT6Aのケーブルを使用することも可能です。

2021年5月現在のおすすめのLANケーブル

では今から購入するならどのケーブルがお勧めなのでしょうか…。
今後、最大10Gbpsの回線が一般的になることが予想されますので、CAT6A以上のLANケーブルがお勧めとなります。
理由は前述の通り、LANケーブルのカテゴリには互換性がありますので、今は最大1Gbpsの回線を使っている場合でも、10Gbpsの回線を導入した際に、LANケーブルを買い替えなくて済むためです。