RDP方式 事例 製造業

既存クラサバパッケージのクラウド移行
サーバーの老朽化、OSサポート切れをまとめて解決

  • 業務に不可欠なクラサバ型アパレル向け販売管理パッケージをクラウド移行
  • BizGr@nd上にWindowsServer 2008 R2 の環境を延命
  • クラウド移行前と同一OSのため、システム構築の時間・費用を大幅に削減
  • クラウド移行によって災害・人的ミスによるシステム停止のリスクを低減

業務
アプリケーション


RDP 方式で
新規開発が不要

サーバー
保守


契約更新の
手間いらず

背景・課題

  • 既存サーバーが老朽化し、OSもサポート期限切れ寸前
  • サーバーのリプレイスやシステムの再構築にはコスト、時間を要する
  • ハードの保守管理が手間
  • 災害などに備えた仕組みがない

成果

  • 既存と同一バージョンのOSをクラウドで再現することができた
  • RDP注方式の適用により、サーバー、システム構築の初期費用を低減でき、既存クラサバパッケージの単純移行を実現できた
  • サーバーのハード保守が不要となった
  • データセンター利用で災害に強くなった

BizGr@ndの選定理由

  • 月額固定の料金体系で、ランニングコストが明確
  • NWも含めたワンストップ提案
  • 提案段階でクラウド移行後の利用イメージがわかりやすかった
  • 冗長化された仮想化基盤構成を標準で利用できる安心感
  • 外部クラウドと連携した遠隔地バックアップのアドオン提案

注)RDP(Remote Desktop Protocol)とは、サーバの画面をネットワークを通じてクライアントに転送して表示・操作するリモートデスクトップあるいは仮想デスクトップで、サーバとクライアントの通信に用いられる通信プロトコル(通信規約)の一つ。


活用サービス

活用事例一覧を見る