オープン化 事例 製造業

クラウドサーバーで自由自在にシステム構築
オフコンメーカーの事業撤退でIT運用を再検討

  • 業務に不可欠なクラサバ型アパレル向け販売管理パッケージをクラウド移行
  • BizGr@nd上にWindowsServer 2008 R2 の環境を延命
  • クラウド移行前と同一OSのため、システム構築の時間・費用を大幅に削減
  • クラウド移行によって災害・人的ミスによるシステム停止のリスクを低減

サーバー
初期導入費用


低コストで
導入

サーバーの
拡張性・柔軟性


スケールアップが
迅速に可能

背景・課題

  • オフコンを利用していたが、メーカーが事業撤退を発表した
  • オフコンからの移行先をどうするか課題となった
  • 移行にかかるコストはできる限り抑えたい

成果

  • 開発費用は発生したが、サーバー初期費用のコスト圧縮を実現
  • サーバーのハード保守が不要となった
  • データセンター利用でBCP対策も万全
  • オープンシステムに移行したことによって、導入後にディスク容量を追加してファイルサーバーとしても活用できる環境ができた

BizGr@ndの選定理由

  • ゲストOSの作成に特殊な知識は不要。パラメータ記入のみのシンプルな手順
  • 担当営業、専任技術者による手厚いサポート体制
  • IaaS環境と接続するためのネットワーク構築を含めたワンストップサービスの提案

注)BizHik@riとは、電算システムが提供する回線サービスで、NTT東日本、西日本が提供する『フレッツ光』を利用し速度や品質はそのままに独自の付加サービスとともに料金をおトクに提供しているインターネットサービスです。


活用サービス

活用事例一覧を見る